行政書士

行政書士の仕事内容について試験を受ける前によく知っておこう!

 

  • 行政書士って何?
  • 仕事内容は?
  • 年収は?

上記のことについて簡単に説明します。

行政書士は聞いたことはあるが具体的に何をしている職業なのか知らない人が多いと思います。

行政書士の試験を受けようと考えている人は、この記事を読んで行政書士とは一体どういうことを生業としているのか知っておくのが良いと思います。

 

行政書士とは

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格者で他人に依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成、並びに提出手続きの代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申し立ての手続き代理等を行います。日本行政書士会連合会

この説明を簡単にすると、市役所(区役所)、警察署で行う手続きを代理で行うことができます。会社設立の手続きも可能です。

平日に休みが取れなくて市役所に行けないというときに行政書士に頼むことができます。警察署では自動車関係の手続きを代理で行えます。

また、遺言状の作成や相続の手続きも行うことが可能です。事実証明とは内容証明郵便等のことです。

行政不服申し立てとは一般の方が行政庁に対して申し立てることです。

行政のした処分に対して、もしくは為すべきことが為されていない不作為に対しての不服申し立てが可能でその手続きの代理を行政書士が行えます。

 

行政書士の主な仕事内容

行政書士は許認可業務を主に業としていますが、その種類は1万以上もあります。

できることがたくさんありますが、それを実際に業務にするかどうかはまた別の話です。

ここでは実際に街の行政書士が行っている主な仕事内容を人気順にランキング形式で紹介します。

1位 遺言・相続

遺言・相続関係は行政書士の試験の範囲であり、ある程度の知識があるので始めやすい業務です。また、現在日本は超高齢化社会なので需要があります。

無料相談などを開いて顧客を集める方法がよく行われています。ただ、司法書士の他、税理士、弁護士も扱っている業務なので競争率は高いです。

 

2位 法人設立

会社法が行政書士の試験で出題されるので、ある程度の知識があり始めやすいです。

新規の法人を顧客にすることができたら、そこから派生する継続的な業務が確保されます。ただ、この業務も相続と同じで競争率が高いです。

法人設立は起業したいという依頼者の夢をかえるお手伝いができるので、やり甲斐がありそれが人気の理由です。

 

3位 権利義務関係

離婚協議書の作成や内容証明、クーリングオフなどがあります。

いわゆる法律家っぽい仕事なので人気がありますが、弁護士と司法書士も取り扱っているので競争率は高いです。

 

4位 建設業許可

建設業許可といえば行政書士といえるほど定着しています。

1度許可を取っても更新手続き等があり、継続的に利益を得ることができるので人気の業務です。

 

5位 国際業務

入管手続きやビザの業務があります。

東京オリンピックによって需要が高まる可能性があります。

 

ランク外 

 

自動車関連

車のナンバー変更、名義変更等の自動車登録申請があります。一件一件の報酬が低いので数をこなす必要があります。

その代わり簡単な業務なので、慣れれば素早く仕事をすることができます。

 

飲食店営業許可

飲食店の営業許可やお酒を扱う場合には警察署に届け出をする必要があります。また、その土地区画に飲食店を開けるか等の土地調査もあります。

 

ドローン関連

ドローンに関する許可業務です。最近になって出てきた業務なのでライバルが少ないのが特徴です。

 

民泊関連

テレビでも取り上げられていた民泊関連の許可業務です。こちらも東京オリンピックで需要が高まる可能性があります。

 

 

 

行政書士の試験を受ける前に仕事内容についてよく知っておこう! まとめ

行政書士には様々な業務が存在し、これからもさらに増え続けていく将来性のある職業だと思います。

試験に受かれば誰でも独立開業ができるので、そこが魅力的で行政書士を目指す人が多いです。

独立開業は会社に所属しない分すべて自己責任ですが、逆に言えば思い通りに仕事ができて儲けが出れば全部自分のお金になります。

自分の力量を行政書士になって証明しましょう!

 

行政書士の試験について知りたい方はこちらどうぞ↓

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です